HOMEハウスメーカーリサーチ広住苑住まい本サーチメールフォーム作成サービス
広住苑(こうじゅえん)特集記事

HOME > 広住苑 目次 > 特集記事

断熱について考える(1)


大混乱の断熱論争

ちょっと前のことになりますが、「いい家が欲しい」という自費出版本がベストセラーとなりました。著者は、「外貼断熱通気工法」という工法を採用する工務店を経営している人物のようですが、ちょっとパラノイアが入った文章で、この工法を採用していない住宅は、すべて欠陥住宅であると言わんばかりのキツイ内容になっています。

この本が出版された時期と、住宅の断熱性能に関する考え方が大きく進歩した時期とが重なったこともあり、「断熱論争」ともいうべき大混乱が起こっているように思います。その多くは、「内側充填断熱か外貼り断熱か?」の二者択一という大変次元の低いものであり、「なんのために断熱するのか?」という問題の本質を置き去りにしたものであるのは、とても残念なことだと言えるでしょう。

「外断熱」「内断熱」という言い方をする場合もありますが、これらは鉄筋コンクリート造の断熱方法を指すときに用いられる用語です。この項では正確を期すため、木造、鉄骨造の断熱方法を指す「外貼り断熱」「内側充填断熱」という言葉を用います。





なんのために断熱するのか?を理解する

断熱の第一の目的は、室内に侵入する熱、室外へと漏れる熱を最小限に抑え、空調効率を高めることによって省エネルギーの家をつくることにあります。この点のみに関して言えば、外貼り断熱内側充填断熱も(使用する部位・断熱材の種類にあった、適切な厚みと適切な施工がなされていれば)、ほとんど差はありません。

しかし、断熱の目的はそれだけではありません。もうひとつの大きな目的、それは、「結露させない」ということです。

冬の寒い日などに、窓が結露した経験をお持ちの方も多いと思います。暖かい場所の空気は大量の水蒸気を含むことができますが、この空気が冷たい面(窓ガラスやサッシなど)に触れて急激に冷やされると、空気が含みきれない水蒸気が「水」となって窓に付着する・・・これが、結露です。

古い断熱の考え方に基づいて施工された家などでは、この「結露」が、壁の内部で起こってしまう危険性がありました。壁体内結露を放置しておくと、木造住宅などでは柱や梁が腐ったり、シロアリに喰われたり(「蟻害」と呼びます)しやすくなります。鉄骨造では錆の原因となったり、鉄筋コンクリート造でも、カビが生えやすくなりますし、家にとってよいことは何もありません。最新の断熱工法は、いずれもこの「壁体内結露」を起こさないよう、様々な工夫をこらしています。次頁へ>>

Page 1 2


特集記事
住宅建築独特の単位
物騒な建築用語たち
断熱について考える
予算はいくら用意できるか?を検討する