HOMEハウスメーカーリサーチ広住苑住まい本サーチメールフォーム作成サービス
広住苑(こうじゅえん)特集記事

HOME > 広住苑 目次 > 特集記事

住宅建築独特の単位


「坪」って何u?

土地や家の面積を、「」という単位で呼ぶことがあるのは、みなさんもご存知だと思います。 不動産屋さんのチラシにも、○○u(×坪)というふうに必ず書かれていますし、「坪単価△円から」と宣伝しているハウスメーカーも多々見受けられます。

この、「」という単位、いったいどういう単位なのでしょうか?

答えから言いますと、「1坪」は「約3.3u」。より正確には、1u=0.3025坪なので、建築士や大工さんといったプロの人々は、こちらの数字を使います。畳2枚分の広さと思っていただければ、目安になるでしょう。

これは、日本の古い単位体系である「尺貫法」の、面積を表す単位ですのひとつです。建築・建設の世界、特に住宅建築の世界では、「尺貫法」が今でもごく当たり前に使い続けられているのです。ベテランの建築士さんや大工さんは、「尺貫法」の単位を口にすることも多いようなので、よく使われる単位について、ひととおりご説明しておきましょう。

一寸法師=1/60間法師

一寸法師は、その名の通り身長が約1寸というお話しですが、現在の「メートル法」に換算すると、約3.03cmしか身長がなかった、ということになります。 古い竹製の30cm定規に、なんとも不思議な目盛りがついているのを見たことのある方はいらっしゃるでしょうか? その目盛りは、30cm定規を10等分してあったはずなのですが、それが1寸だったのです。 逆に1寸=10分(ぶ)で、1分は約3mmです。

」の上の単位は、「間(けん)」ですが、不思議なことに、10尺=1間ではなく、6尺=1間です。 この、「」という単位は住宅建築では非常によく用いられる単位で、1間は畳の長い方の辺の長さ、ふすま2枚分の長さです。1間=6尺ですから、6×30.3cm=181.8cmという計算になります。 1間の半分、つまり、3尺のことを「半間」といい、日本家屋の基準寸法となっています。畳の短い方の辺の長さが、半間です。正確には90.9cmですが、これだとメートル法での寸法計算が煩雑になるため、現在では「91cm」や「90cm」と読み替えて基準寸法にする場合が多いようです。

今も残る、「尺貫法」の世界

尺貫法は、現在でも脈々と生き続けており、多くの建材が、「尺貫法」の寸法体系で作られています。 たとえば、合板や、間仕切り壁に用いるプラスターボード(石膏ボード)などは、約0.9m×約1.8mのものがもっとも数多く流通しています。3尺×6尺なので、こういうボード類を「さぶろく板」と呼んでいます。

1.2m(4尺)×2.4m(8尺)の合板は、「しはち」と呼ばれています。 また、アルミサッシなども、尺貫法の寸法にあわせた規格品が数多く用意されていたり、フローリングなども幅303mm(1尺)×長さ1.82m(6尺=1間)の製品が非常に多く見受けられます。


特集記事
住宅建築独特の単位
物騒な建築用語たち
断熱について考える
予算はいくら用意できるか?を検討する